滋賀大学漕艇部について

沿革・組織 活動指針 「力漕」 部歌

沿革とOB・OG会組織について
◆沿革
・1922年(大正11年) 彦根高等商業学校 創立
・1923年(大正12年) 学友会短艇部として創部
・1949年(昭和24年) 滋賀大学経済学部
・1951年(昭和26年) 彦根艇庫 竣工
・1964年(昭和39年) 御殿浜艇庫・合宿所 落成
■ 詳しくはこちらの年表をご参照ください

◆陵水艇友会(OB・OG組織)
・全ての部員は現役を引退後、陵水艇友会に入会する。
・「彦根・琵琶湖・ボート」の縁で結ばれた卒業生は「陵水艇友会」を組織し、母校漕艇部の向上発展を支援し、会員相互の親睦をはかることを目的に、世代を越えた活発な交流を行っている。
■ 陵水艇友会のページはこちらです

◆滋賀大学漕艇部規約

 滋賀大学漕艇部規約 【PDF 164KB】
   規約をPDFファイルにてご確認いただけます。

▲このページのトップへ戻る

漕艇部の活動指針 ― 漕艇部の目指すもの
○勝つ(勝ち取る勝利とは)
・エイト、フォア、クオドルプルなど大艇での組織力を発揮した勝利
・小艇での勝利は個人ウエイトが大きく、目指す勝利への途上と位置づける
・全員(漕手・舵手・スタッフ)の一体感の中で達成される勝利

○大学のトップレベルを維持する
・新人獲得:次世代に向けて、毎年有能な新入部員を20名以上確保する
・選手育成:大学4年間のライフサイクルを確立し、着実かつ効率的なトレーニングを重ねる
・自己成長:部員が個人目標の達成を目指すとともに、部全体の目標に結集し組織人としての役割を果たす

○競技スポーツとしてのボートを楽しむ(一艇ありて一人なし)
・レースで逃げ切る、差し返す、トップでゴールする楽しさ
・思い切り漕げた、艇速が伸びた、水をつかんだ充実感
・自然(風と雨と波と太陽)との調和、クルーとしての一体感

「勝利を勝ち取る」「大学のトップレベルを維持する」「競技スポーツとしてのボートを楽しむ」
そのプロセスで、全部員が人間力を鍛え、社会に有用な社会人材としての基礎固めをし、巣立っていくこと

▲このページのトップへ戻る

「力漕」について
「力漕」とは……?
◆ご高承の通り「力漕」は高安名誉会長の岳父、
 北村西望先生(95歳時)の揮毫。我が部の精神的支柱となっています。

 (先生の略歴)
 ・1884年 長崎県南有馬村生まれ。日本彫刻界の巨匠。
  1987年3月永眠
 ・代表作:長崎「平和祈念像」
  (1955年完成)
■ 「力漕」額 ■
◆東京都井の頭自然文化園の
正面ゲートをくぐり左奥へ進むと彫刻園。

 近代的な2棟の彫刻館とともに三角屋根の
アトリエ館が林と野外彫刻の中にあります。

 それは西望先生が平和祈念像を
制作したアトリエです。

 そして、それこそが「力漕」の
生まれた家なんです。
■ アトリエ側面の写真 ■
◆武蔵野の雑木林と気迫溢れる彫刻に囲まれた空間……

 誰も居ない独り占めの時間……


まさに至福!
 「力漕」に込められた気を感じ、次の句とともに深い感慨に……

  「たゆまざる 歩みおそろし 蝸牛(かたつむり)」 西望
■ アトリエ正面の写真 ■
◆某先輩の叱咤を思い出し思わずパチリ!
■ 怪傑「日蓮」 ■

▲このページのトップへ戻る

滋賀大学漕艇部部歌 ― 「西征歌」あゝ水郷に ―
作詞  高橋 郁蔵(本科1回)
作曲  須川 政太郎
― 1 ―
ああ水郷(すいごう)に春は来(き)ぬ
繚乱(りょうらん)花の風薫り
渺渺(びょうびょう)遠し水の影(かげ)
白艇(はくてい)軽(かろ)く棹(さお)させば
一碧(いっぺき)の空雲もなく
古城(こじょう)の姿はるけきに
男児覇業を夢みけん
西征(せいせい)の日は今ぞ来(き)ぬ
― 2 ―
義憤を包みて二星霜(にせいそう)
児等(こら)が苦練(くれん)の跡ふりぬ
琵琶の湖上に逝(ゆ)く秋の
姿淋(わび)しき夕まぐれ
落暉(らっき)に立ちて幾度(いくたび)か
友よ誓いし覇者の栄(えい)
長影(ちょうえい)久しく曳くところ
希望の心若くして
― 3 ―
さらば征戦(せいせん)西の空<
わが戦いの時到る
部史に燦(さん)たる栄光の
血潮染むべき時到る
郷愁(きょうしゅう)淡く戦士等(せんしら)が
征衣(せいい)の影に宿れども
涙そそがず声もなく
丈夫は西をさして行く
西征歌♪

▲このページのトップへ戻る


滋賀大学経済学部漕艇部ホームページ